日中の眠気や不眠症の回復方法は脳疲労をなくすこと

日中の眠気や不眠症は脳疲労が原因かも!効率的な3つの回復方法

脳疲労,不眠症,眠気,回復方法,肥満

寝つきが悪かったり途中で覚醒してしまったりと、睡眠に関する悩みを抱えているときに意識したいのが脳疲労です。これらはまとめて不眠症の症状として挙げられます。

 

症状が続くと、日中に眠気が襲って集中力がなくなります。これでは仕事や家事に身が入らず思わぬ失敗をしてしまいます。

 

脳疲労に陥る原因は、ストレスが長期間発散されないことです。ストレスは万病の元とも言われるほどのもので、放っておくと不眠症以外の症状も現れます。

 

脳疲労による不眠症以外の症状

脳疲労,不眠症,眠気,回復方法,肥満

例えば、便秘や普段の食事がおいしくない、不安とイライラなどの精神的なものです。
更に、脳疲労の状態だと満腹感がなくなり、脂っこいものや甘い食べ物が欲しくなります。

 

その欲求に従ってたくさん食べると肥満になってしまいます。
これに加えて、運動する意欲もほとんどなくなっているので、早急に脳疲労を回復させる必要があります。

 

脳疲労の回復方法

脳疲労,不眠症,眠気,回復方法,肥満

回復方法は多岐にわたりますが、最も効果があるのは運動です。しかし、意欲が低下している状態から運動を始めるのはかなり困難です。

 

まずは、一時的にやる気を引き出すようにすることが重要です。これを疑似回復と言い、脳疲労を完全に治すわけではありませんが、疲労を麻痺させる効果があります。

 

運動を始める前に、カフェインチョコレートなど疑似回復させるものを食べるとやる気がわいてきます。これを利用して、20分程度の軽い運動をすると早期回復につながります。

 

激しい運動だと疲れが溜まって翌日以降やりたくなくなるので、ウォーキングから始めると良いでしょう。
軽い運動を毎日続けることで習慣になり、脳疲労になりにくい体を作ることもできます。

温かい飲み物も脳疲労に効果的

脳疲労,不眠症,眠気,回復方法,肥満

運動の他にも、原因となっているものの排除や栄養バランスの取れた食事も効果的です。その中でも効果が早くあらわれるものは温かい飲み物です。身体を温めることで、血液の流れが良くなり、不安やイライラを軽減することができます。

 

もちろんこれらの方法を無理して行う必要はありません。大事なのは、いかにストレスを溜めないようにするかです。

 

>>効果とコストと成分で選んだおすすめの脳疲労サプリはこちら<<


page top