うつなども引き起こす脳疲労の回復方法

気づかないうちにうつ状態になってしまう危険性!脳疲労の回復方法

脳疲労,うつ,回復方法

脳疲労は、外部から入ってくる情報やストレスが過多になることで発生します。脳内では、大脳新皮質と大脳旧皮質のバランスが崩れてしまい、正常でない状態になります。

 

大脳新皮質は知性を司る脳と呼ばれます。一方、大脳旧皮質は本能を司る脳と言われています。

 

それぞれに役割がありますが、外部からの情報が多くなることで、大脳新皮質がフル稼働することになり、大脳旧皮質からの欲求を無視せざる得ない状態になります。一方的な抑圧状態になってしまうため、自律神経がバランスを崩して脳疲労を引き起こします。

 

脳疲労の症状には、味覚に異常が出たり、いくら食べても満腹感を感じられないなどがあります。
進行していくとうつを引き起こすことになります。
自律神経の乱れがうつに影響を与えることになるため、早めに脳疲労を回復させる必要があります。

脳疲労の回復方法

脳疲労の回復方法としては、まず一時的に疲労を麻痺させる疑似回復を行います。
疑似回復のあとに運動や食事で回復させていくことです。

疑似回復

脳疲労,うつ,回復方法

  • コーヒー
  • 疲労回復ドリンク
  • アルコール
  • タバコ
  • チョコレート

などは、疑似回復で疲労を麻痺させることができるため、一時的にですがストレス回避が可能です。
疑似回復ばかり行っていても根本的な解決にはならないため、頼りすぎないように気をつけます。

運動

脳疲労,うつ,回復方法

脳疲労が軽くなった状態で運動や食事などを取り入れつつ、ストレス発散させていきます。
運動では、20分の筋力トレーニングでも脳の活性化ができると言われています。

 

散歩やストレッチなど日常生活でできる運動を継続的に続けるだけでも血流を良くできるため、ストレスが軽減され脳疲労の回復につなげることができます。

 

食事

脳疲労,うつ,回復方法

食事では、温かい飲み物を飲むようにします。
温かい飲み物を飲むことで、身体が温まり血液循環の改善につながります。

 

さらに、副交感神経に働きかけてくれることから、不安感やストレスの軽減にもなります。
ストレスを感じにくくするために自分が快適と思うものを用意しておくことも一つの方法です。

 

 

>>効果とコストと成分で選んだおすすめの脳疲労サプリはこちら<<


page top